ミュージシャン紹介

準備中

ゲストミュージシャン

■(メインゲスト)古谷 充アコースティックトリオ

古谷 充
1936年、2月13日、大阪生まれ、京都音楽大学(現・京都芸大)在学中にアルトサキソフォン奏者としてジャズバンドに参加。北野タダオとアロージャズオーケストラ等を経て、古谷 充とフレッシュメンを結成。
ヴォーカリストとしての評価も高く、高音のハスキーボイスでの歌は、優しく多くの人を魅了させる。1995年には、第11回、ツムラ・ジャズ・ボーカル賞特別賞を受賞。1998年には、尼崎市民芸術賞、1999年には、大阪舞台芸術賞を受賞する。現在は、古谷 充 Neo Saxophone Band、 古谷 充Neighborhood Big Bandを始め数々のバンドを主宰。
演奏家、作曲・編曲、執筆活動及び講演、番組パーソナリティ、コンサート、CD作成等の監修・構成、NHKカルチャーセンター講師、プロデューサー、古谷 充ジャズ・ヴォーカル塾主宰、追手門学院大学客員教授など、多岐に渡って活躍する。

■(サブ・ゲスト)松田忠信Jazzトリオ&前田要子

松田忠信
2歳からピアノを始める。大学時代、オスカー・ピーターソンのピアノを聴きジャズピアノを始める。
銀行で30年間勤務し、その間も余暇にライヴ活動に魅力を感じ、早期退職し本格的にライヴ活動を始める。
平成19年には、「中山正治ジャズ大賞」を受賞。続いて、「なにわ芸術祭新人賞」を受賞する。ピアノ演奏の合間に語る、愉快なトークも多くの人を和ませ笑わせると好評を得ている。