開催趣旨

開催趣旨
JAZZ土居ストーリー(旧ジャズin土居)

この度、ジャズin土居の名称を変更いたしました。

新名称 「JAZZ土居ストーリー」

2015年、京阪沿線秋の音楽大イベント「京街道Jazzライン」に参加し、「ジャズin土居」という名称で、土居商店街と京阪東通商店街、2つの商店街の有志と地域住民が協働の基、実行委員会を設立し、地域に密着した街の賑わいを創出するため、誰もが聴いて楽しくなるジャズ音楽を通じて小さく3会場で開催。
市内外の来訪者の方々にローカルな土居を、先ず知って戴く事から始めました。
2回目となる昨年は、新たに旭通商店街が参加し3つの商店街での開催となり、会場も6会場となり多彩なミュージシャンの演奏とたくさんの来訪者に、土居の歴史文化や龍昇のアーケード、新たにパワースポットとなった狛犬なども音楽と共に紹介し、商店街や店舗会場になった店にも新しいお客様のリピーターが増えるなどの相乗効果もあったとの報告がありました。
守居神社メイン会場では、Yu Ooka ロサンゼルス・ジャズ・オール・スターズがスペシャルゲストとして来日し、神社での幻想的な照明ほの灯りの中での演奏や歌は、大変大きな盛り上がりを見せ興奮と感激の中、多くの方々に喜んでいただき楽しい余韻を残しながら無事終了することが出来ました。この光景は、新聞にも写真と記事が掲載され話題となりました。

今年は“JAZZ土居ストーリー2017 ”として、「音楽・食・遊」をテーマに音楽会場を7会場設け、メインゲストアーティストとして関西ジャズ界の重鎮、サックス奏者の「古谷 充アコースティックトリオ」の演奏と誰もが魅了する高音のハスキーボイスの歌も披露されます。他にも多彩なミュージシャンの演奏や歌にパフォーマンス、商店街はご当地グルメを並べた食彩のストリート。大阪国際大学玄野ゼミによる「親子で学べる楽しいゲーム」や「リズム体験コーナー」など、お子様と一緒に遊びながら学べる楽しく愉快なコーナーも設置。
今回新たに京阪商店街が参加し、これで土居地域にある4つの大きな商店街が繋がり、全商店街が一丸となって参加するイベントとなりました。また、新たに地域の方々の参加もあり、より人材豊かな実行委員会となり、土居の全商店街と地域住民の協働の基、子供から大人までが一緒に楽しめる音楽イベントとなっています。
ローカルで人情味あふれる土居の元気と地域の絆で、パワーアップされた街の賑わいを楽しくなる音楽と共に開催発信致します。 今年もよろしくお願い致します。

JAZZ土居ストーリー実行委員会会長
篠原和伸